「ツクチャータ」とか

どうもプリメケロンで

阿部さとみを担当しているキーボードヴォーカルです。

 

…ハイ。

えー、さっそく本題からスタートですが、

わたし中学一年生の時から

A5ぐらいのちょっとぶ厚めのノートを買って

黒マッキーとか筆ペンとかクレヨンとかで

詩もどきみたいなもんを書き溜めるっていう文化がありまして

 

そのノートはいま13冊目で

昔から、表紙に絵書いてテーマつけたりして

特定の誰かに見せるために書くわけでもなく

ずっとちまちま書き溜めてきたんですよ

 

プリメケロンってバンドを組むようになって

自作の曲を書くってなった時に

そのノートから言葉を引っ張ってきて書くようになって

 

それでもねやっぱり

歌詞にする用に作風を変えるというわけでもなく、

おんなじようなことをずっとずっと10年ぐらい

続けてきたんですけど、

 

そのノートを「自主制作詩集本」って形で

見せることができるんじゃないかと思いついて

 

作ってしまいました。しかも2作目。

(1作目はデータがないため追加生産ができません。)

 

「BORN BOLD BONE 2」。

文法的に間違ってるんだろうけど

たくましい骨に生まれる、って意味にしたかったん。

 

女の子を応援するような詩集を作りたいって夢を

「自主制作」という形で無理やり

叶えさせることができました。

 

人のポエムなんてね、

読んでてただただ恥ずかしくなるだけかと思うんだけどさ、

阿部もそうです、好きな詩人の詩集を読んでても

そんな言い回しはなんだかくさいよなあとか、

自分が書き溜めてきたノート見返してもうーんってなるしなあ。

 

人前でかっこつけたりかわいこぶったりするの

恥ずかしくて上手く出来ない自分ならではー!な、

表現がいっぱいつまった詩集になったと思ってる。

言ってしまえば、全然かっこよくない詩集です。

 

でもかっこつけてない分とっても読みやすくなってると思う。

そして多分、読んでる時の心にその詩集のどっか1ページが

寄り添えるぐらい身近に感じられる一文が

きっとどこかにあるんじゃないかと思っている。よ。

 

ここまで言っておいて詳細はまだ出してませんが笑、

なんかのCD買うより全然安いので

どっかの女子会のランチセットよりも安い値段にするので

是非、毎日をキラキラさせる手段の一つとして

お買い求めいただければと思います。

 

よし、長くなってすみません。

ソーロング!

 

阿部でした

 

あらあらかしこ。