Vo&key阿部が一所懸命にプリメケロンの近況報告をいたします。

すんません笑

 

おひさしぶりです。

っていうか、

すみませんでした。

 

このサイトに

ブログというページがあることを

すっかり忘れていました。

そんな管理人いるかよ。

すみません。

びくびくしながら書きます。

 

よっぽど話すことが無かったのかよ、と、

 

よっぽどなんもなかったのかよ、と、

 

そんな声が聞こえてきそうですが、

いえいえそんなことはありませんよ。

 

いろいろありましたとも。

 

そもそもいつから書いてないんだっけ?

うん、絶対、色んな出来事が起こりましたよ。

 

まさかツアーで関西をあんだけまわれるとは。

まさか結婚するとは。

まさかアルバムリリースがこのタイミングになるとは。

 

まさか樹木希林が居なくなってしまうとは。

とかもね。

 

本当にいろんなことがありました。

 

いろんな出来事を経て

頭や体が、

ちゃんとアップデートされてることを願う。ほんとに。

 

見渡すと、

よく聞くお名前のバンドが

音楽だけ残して居なくなってしまったり、

その中の誰かが抜けていたり、しますね。

 

テレビつけたら出てくるような人たちも

名前の前に「元」ってついてたり、

そもそもテレビに出なくなったり、していますね。

 

まさかSMAPが解散するとは。

まさかTOKIOが一人減っちゃうとは。

(何故かとっさにジャニーズばかり浮かんだ。)

 

寂しい気持ちとか、

ぼっかり穴が開く、とかいう、まさに、な表現。

そんな状態になりますが、

 

同時に、

「ああ、この人たちも機械ではないんだ」という

あたり前なことを考えて、安心すらしてしまいます。

 

生きることは、「求める」ことだと、

思ってるんですが、

 

誰だって、

(ここには何を当てはめてもいいけど)AをBに変えたくて生きてるんだと

思ってるんですが、

 

人生をかけて決断できることは

なかなかできないことだと。思うから。

ハートが無いと出来ないことだと思うから。

 

「あのバンドが居なくなっちゃう~」と思っても、

それがどんだけさみしくっても、

悲しい顔は見せないであげてほしいな、と

個人的にはそう思っています。

 

本当にいろんなことがある。

これからも。

今までいっぱいいろんなことがあったように。

 

そのたびに、

ちゃんと、自分が、生活が、あれもこれも、

アップデートされることを願って。

 

私の人生を、計画を

崩してくれて

ありがとう、と言える日が来ることを願って。

 

一体何の話だ。

ktkn kkr ?

おひさしぶりです。

プリメケロンの阿部です。

 

最近は

怖いもの知らずで

今まで体に入れてこなかったものを

摂り入れることを楽しんで生活しています。

 

マニキュアを買ってきて塗ったくったり。

親友もできた。

大事な人も増えた。

食べたことなかったものを食べた。

行ったことないところにたくさん行った。

 

使わなくなったものを、たくさん

売ったり捨てたりして、手放したり。

 

あと何日かしたら、

お別れする予定のものもある。

凄くお世話になった。

 

見たことないものがいっぱい見られたので、

大好きな歌が増えそう。

 

人間の体の6割は「水分」だそうで、

飲んで排泄して飲んで排泄して、を繰り返すと

ちゃんと老廃物が流れ出ていってくれるとか何とかって。。。

 

生き物だからなあ。

飲んで出して飲んで出して、が

一番腐らないんだろうなあ。

 

生き物だからなあ。

「生き(てる最中の)物」だからなあ。

 

この自分の体を通して

「毎日」やら「血」やらが

ちゃんときまって流れていくこのシステムが

いまだに私は面白くてしょうがない。

 

いつまで経っても

「生活する」っていうシステムがねー、

面白くてしょうがないんですよねー。

 

きっとね、おんなじこと

この先何回も言うと思うんだよなー。笑

 

 

 

 

あなかしこ

あべさとみ

 

itsumo onaji

こんにちは。

 

考えてることはいつも同じ。

 

「歌」は、

のどで出来上がるものなんじゃなくて、

 

体の中で出来上がるものなんだと思ってる。

 

だから、

気持ち、個々の生活、経験、思い出、

その日摂った食事とかなんとかが

歌に反映されて当たり前なんだと思ってる。

 

うちが今うたう歌も

それらが反映されて当たり前だと思ってる。

(うちの今の歌、どんな風に聴こえてるのかな)

 

だからな、お客さん、

 

ライブや動画で「この人の音楽が好き」とか

「この人の歌が好き」とか

「この人の声が好き」とかって感じたその気持ちを

 

その笑顔で、その本人に言って

喜ばないバンドマンは居ないのよ。

 

うちも言われたことある。

言われていつも、ありがたいと、思ってる。

 

うちも「音楽」した事があるからわかるんだけれども、

「音楽」って匂いも形もないくせに、

体の中を血となって通ることがある。よね。

 

これから、夏に向かって

大きなイベントとか

フェスとか

音楽に触れる機会がいっぱいあると思うからさ、

 

もし「音楽」が

体を通ったと思ったら、

 

その感覚

忘れないほうが良いと思うよ

 

「音楽」が、

一生の「文化」で「習慣」だったりするかもよ

 

 

あなかしこ

あべさとみ

 

 

2 コメント

Yoroi

おひさしぶりです、プリメケロンのソバカス担当、阿部です。

 

「プリメケロン初の全国流通盤」と書かれたタスキをかけて

わが子「アイソーマイビー」は日々、

いろんな方の元へ届いているらしい。

 

参観日に行くみたいに

置かせて頂いてるCDショップにお邪魔して

わが子が並んでるのを見ると、

「がんばれよー、いい子にしてなさいよー」と声をかけたくなる。

(昨日インストアライブやらせて頂いたアリオ札幌にある、タワレコで、

ピシーッと並んでるアイソーちゃんたちを見ても、思った。)

 

 

手に取ってくださった皆様、

それ、ほんとにいい子なんです。

 

ありがとうございます。いっぱい聴いてください。

 

 

バンドは生き物って表現があるけど、

歌も同じくそうだなって、再確認しました最近。

 

歌は、喉の奥にスピーカーがついてるとかではなく、

ほんとうに、ほんとうに、体の中から声が出てきている、よね。

 

さっき食べた晩御飯がまだ消化しきってないこの体から。

とか、

今日一日アルバイトしてきたこの体から。

とか、

クラスにいる大好きななんとかちゃんに一緒に帰ろうと言われて急にギュッと緊張してアツくなったこの体から。

とか、

昔いじめにあった時の心の傷が残ったこの体から。

とか、

お母さんから産まれたこの体から。

とかいろいろ。あるけれども。

 

いろんな体験をし、いろんなものを吸収し、何かを馳せたこの体の中で生まれ、

流れていく歌に、

 

もっと意味というか、存在する理由というか

んーーー、なんだ、目的?、

良い言葉が思いつきませんが、

「それ」があるはずだなあと思って。

 

形も匂いもないけれどもね。歌って。

 

みんなが縫い繋いでる毎日に

確かに、ちゃんと、しっかり、流れてほしいなと

 

やっぱりそう思うわけです。

 

あれ?と思って

足を止めて

んー。って少しの時間考えてると、やっぱりそう思うわけです。

 

やっぱり、歌は、

毎日とか感情とか人を縫い繋げる力がありそうで、

 

聴いてる人に、自分の毎日を愛すべき毎日にしてもらうために

阿部みたいな「歌うたい」は、歌を歌うべきなんじゃないかと、

 

今は思う。今のところはそうとしか思えない。

 

 

 

 

こんな話しても何言ってんだかわからないよなあ。

 

あなかしこ

阿部さとみ

 

0 コメント

watashi no mou hitori

どうもです。

プリメケロンのあべです。

 

いよいよ明日がワンマンライブの日。です。

 

大事な日の前日っていつもこう。

そわそわ。

変な幸福感がある。

 

明日はたーくさん

プリメケロンの曲を

いっぱい味わってもらうわけですが、

 

その中には

明日が初お披露目になる曲もあります。

どんな曲かというと、

 

実は、阿部には

一度も会えずに亡くしてしまった兄が居て、

わたしの名前にはその兄の名前の一部が

入ってるんですけども、

 

名前の一部をもらってるんだよっていう事実を

親から聞いたときから(何歳のときだったかなあ)、

 

兄ちゃんの分も

人生を楽しんだり味わったり濃くしたりしなきゃ

名前をもらった意味ないなあと思っていて、

 

今こうして

自分はバンドを組んでいて

その中で、

歌詞を書かせてもらったり

その曲を歌わせてもらってる立場にいるけど

 

せっかくそうやって

発信できる立場に居るなら、

阿部家の中で誰も

同じようなことが出来人がいないなら、

 

兄ちゃんが確実にこの世に生を受けて

愛情をもらって生きていたっていう事実を

わたしが歌わないで誰が歌う

と、

 

思って、

 

音楽にしました。

 

 

 

明日是非、

その曲も聴いてほしいなあと思います。

 

兄ちゃんには私からも言っておきます。

 

 

 

あべさとみ

あなかしこ

 

 

0 コメント